ホーム > NLP関連書籍

サイレント・パワー--静かなるカリスマ

スチュワート・ワイルド (著) 通読時間:20分

ページ数はそれほどないですが、読みごたえがありました。人の本質がなんであるかを、静かに語っているのではないかと思います。人は光の存在であるというのが本質だ、という1つの前提のもとに書かれています。NLPとは直接関係ないですが、コミュニケーションについて書かれているので紹介。

 

2008年2月 1日 Kenji | | コメント(0) | トラックバック(0)

ミルトン・エリクソンの催眠療法入門--解決志向アプローチ

W.H. オハンロン (著) 通読時間:45分

 いや〜。とにかく難解でした。とてもじゃないですが、おすすめできるものではないです。催眠誘導で有名なミルトン・エリクソンのお弟子さんが書いた本です。 とっても、正確にエリクソンの技法が描写・解説されてます。それだけに、意味不明な部分もたくさんあるかと。 目の前で観たらわかるかもしれないけど、読んでもな〜なこともたくさんあったり。

 

2008年2月 1日 Kenji | | コメント(0) | トラックバック(0)

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール

野口 嘉則 (著) 通読時間:9分

家の近くのカフェで読んで、泣きました。氣がついたら、ちょっと、へんな目で見られてました。

 

2008年2月 1日 Kenji | | コメント(0) | トラックバック(0)

Page:
  • <<前の3件
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次の3件>>
  • NLPメインメニュー


    最近のコメント


    NLP無料ダウンロード


    更新のお知らせFeed
    • NLP関連の記事が更新されたとき、お使いのブログリーダーで最新の記事をチェックできます。
    • Atom
    • RSS 2.0


    NLPについて検索





    スピリチュアル沖縄