ホーム > NLP関連モデル

6段階(ステップ)のリフレーミング

変えたいけれど自分の意思で変えづらい行動、習慣、感情そのほかのパターンを無意識レベルで変化させるモデルの1つです。6段階のリフレーミングは、人生において、より望ましい結果と、それへ導く新しい行動を見つけ出すのに役立ちます。

意図と行動と結果に一致感がないときにもちいると効果的です。家族をたいせつにしたいという意図をもっているのに、行動は、家族とすごす時間を取らず働きつづけ、その結果、家族からはなれてしまうというとき、「意図」「行動」「結果」が一致しないことになります。

健康になりたいという意図がありながら、健康にわるいことをつづけて、その結果、不健康を得るというようなこともあります。これらの「意図」「行動」「結果」の不一致感を無意識レベルで一致させるためのモデルの1つが6段階のリフレーミングです。


■基本的な概念

ある意図を満たすための行動はいくつもあります。リラックスしたいという意図を満たす行動は、人によって、睡眠、運動、飲食、喫煙・・・などさまざまです。

リラックスするために飲食ばかりしていては、結局、健康という意図から逸脱することが考えられます。あるいは、「リラックス=喫煙」と無意識で連携しているだけで、因果関係がない思い込みすらあります。

そこで、意図と行動を切り離して考えることで、本当に得たい結果を得ようということが6段階のリフレーミングの手法です。喫煙という行動が重要なのではなく、なんのために喫煙という行動をとっているか、その意図を明確にします。

そして、明確になった意図を別の行動で満たすことを考えます。

6段階リフレーミング


◆パートの概念
NLPでは、なにか衝動を起こしてくれている体の部分があるという考え方をします。この衝動を起こしてくれている体の部分を「パート」とよんでいます。比類のない成果をあげている人のなかには、「これをやるべきかどうかは『胃』がこたえてくれる」など、直感や感性をある体の部分で判断するということがあります。

これとおなじように、「やるべきかどうかを判断してくれるパート」「創造的なパート」「危険を知らせるパート」などが考えられます。感性や直感を引き出すための1つのモデルです。

あることをつづけたほうがいい、あるいはやめたほうがいいなどをなんとなく感じるということが普段あるという人もいるでしょう。その感性の察知能力を強化するための手法と考えてもいいでしょう。


◆一致感と不一致感
あなたのやっていることに一致感があるとき、あるいは一致感がないときでは、体の反応がちがいます。一致しているときの感覚、あるいは一致していないときの感覚を確認してみましょう。

(1)こたえが「はい」となる質問をいくつかする
   「座(立)っています」「女性(男性)です」「黙っ(話し)ています」・・・など
(2)体のどの部分がつよく反応しているかを感じる
(3)こたえが「いいえ」となる質問をいくつかする
(4)体のどの部分がつよく反応しているかを感じる
※あなたの内面に注意が向けられるように深呼吸などをおこないリラックスする


◆衝動をおこしているパート
「たばこを吸いなさい」「お酒を飲みなさい」などのあなたの望まない衝動を起こしてくれているパートを特定して、そのパートの意図をさぐり、その意図を満たす別の行動と連携させます。まず、ここでは、パートを特定する練習をします。「創造的なパート」あるいは「効果的なアイデアを出すパート」が体のどの部分かを特定します。体のどの部分がどのような意図をもっているかは、人によって異なります。

(1)深呼吸しながらあなたの内面、体の感覚に注意をむける
(2)「創造的なパートはどこにありますか?」と内面に問いかける
(3)内面、体の感覚に注意をむけて、違和感のあるところがあるか観察する
はじめは、確信がもててももてなくてもかまわない。
確信がもてない場合、なんとなくこの部分に違和感があるといった程度でかまわない
いつもおなじパートである人もいるが、そのときどきで変わることもある


■6段階のリフレーミングワーク

(1)望ましくない行動、あるいは望ましくない結果を生んでいる行動を特定する
自分の顕在意識ではやめたくてもやめられない望ましくない行動、あるいは症状、あるいは望ましくない結果を生んでいる行動を特定する。

(2)その行動を取らせているパートとつながる
あなたの内面に意識を向け、その行動をとらせているパートを特定する。このパートを【パートX】とする。【パートX】が自分のために役立とうとしていることに、まず感謝する。「この行動を取らせている【パートX】は、いまわたしとコミュニケーションをはかることができますか?」と問いかける。このとき、あらゆる反応を見逃さないように注意する。【パートX】のこたえが「はかれません」あるいは「『はかれません』と感じる」ようであれば、【パートX】に感謝しつつ、コミュニケーションをはかれるようにする。それでも、コミュニケーションをはかることが困難なときは、今回コミュニケーションをはかれないことが最善であることをうけとり、そのことに充分感謝していったん6段階のリフレーミングを終える。

【パートX】とコミュニケーションをはからないことが最善であると感じた場合、ここでの演習は、べつの望ましくない行動をとりあつかうこととする

(3)意図を行動から切り離す
【パートX】に「わたしのためになにをしようとしているのですか?」という質問のこたえをもらう。
こたえが肯定的な意図であると感じるまで、おなじ質問をくりかえす。できれば、あなた自身の行動によって達成される意図であることが望ましい。「好かれたい」という意図は、相手が主体となっている。こういったときは、「人を大切にしたい」などのあなたの行動によって達成できる意図がかくれているので注意する。

(4)【パートX】の意図を満たす新しい行動を特定する
あなたの【創造的なパート】を特定し、感謝の氣もちをこめながらコミュニケーションがはかれるようにする。
「【パートX】の意図を満たしながら自己のバランスがとれる新しい行動のアイデアを出してもらえるか」をたずねる。同意が得られたら、【創造的なパート】から新しい選択肢を1〜3つ程度出してもらう。
(5)【パートX】に新しい行動を受け入れてもらう
【パートX】に「3つの選択肢が受け入れられるもので、かつ、もとの行動とおなじ効果があるか」を確認する。そして、「今後、3週間のあいだに、この行動を選択して衝動を起こすことに責任をもてるか」を確認する。
もし、あたらしい行動、衝動を起こすことを受け入れる氣がないか、あるいは責任を持って使う氣がないなら、【創造的なパート】にふたたびアクセスして、別の行動を提案してもらう(ステップ(4)にもどる)。

(6)エコロジーチェック
  (周囲の人や環境に抵抗がないか、あるいはあなたの望まない影響がおこらないか)
あなたのなかに、この新しい行動に反対(抵抗)するパートがないか観察、確認する。また、周囲の人や環境にとっても抵抗感がないか観察、確認する。
もし、抵抗を示すパートがあれば、ステップ(2)の質問によって、その抵抗を示すパートが望む意図を特定する。
さらに、ステップ(5)にもどり、【創造的なパート】に【パートX】の意図と【抵抗を示すパート】の意図を同時に満たす行動のアイデアをだしてもらう。

それでもさらに抵抗するパートが出てくる場合、関連するパートどうしでコミュニケーションをとって、すべてのパートの意図が満たされるあたらしい行動のアイデアをだしてもらう。

(最後に未来ペーシング)
ここまでの過程で創り出した新しい行動が必要となりそうな未来の状況を想像する。その状況であなたの行動や衝動、感じに変化があるかを確認する。その行動や衝動、感情が受け入れられるものであるかを確認する。もし、あたらしい行動によって望まない結果が得られそうであれば、ステップ(4)にもどる。

2008年2月 8日 Kenji | | コメント(0) | トラックバック(0)

リフレーミング

善し悪しは本人次第---ウィリアム・シェークスピア
ひときれのパンのおいしさはどれだけお腹がすいているかできまる---ことわざ


人は、ものごとやことばになにか意味付けするとき、文化や習慣あるいは過去の経験からおしはかり判断しています。1杯の水がなにを意味するか? 本質的になにも意味しません。あなたが意味付けするまでは。

砂漠のまんなかでの1杯の水は、天のめぐみになるでしょうし、あるいは花にあげる水として意味付けすることもできるでしょう。15対0で負けている野球の試合が雨でコールドゲームになることと、勝っているときのコールドゲームではあなたの意味付けはかわることでしょう。

勝ちゲームをつづけたいという枠組み(フレーム)をもっているか、大きく負けている試合が終わってほしいという枠組み(フレーム)をもっているかで、おなじコールドゲームの意味がまったく異なります。

起こった現実を変えることはできませんが、起こった現実をどうとらえるかは、あなたのフレームを変更することで変えることができます。

あなたが1つの起こったできごとに対してどのようなフレームをもつかは自由にかえることができます。フレームを変えること、あるいはつけかえることを「リフレーミング」といいます。

NLPにおいて、リフレーミングとは、「なんでも都合よく解釈しよう」ということではありません。ものごとに対するフレームはたくさんあって、それをあなたは自由に選択することが可能であるということのみを示唆しています。あなたが達成したい結果を得るためにいろいろな解釈ができるということです。

■2つのリフレーミング

リフレーミングには、大きくわけて、状況リフレーミングと内容リフレーミングの2種類あります。状況リフレーミングは、「状況が変わるととらえかたが変わること」で、内容リフレーミングは、「ものごとのほかの意味を見いだすこと」と考えられます。

日本語では、厳密には状況リフレーミングか内容リフレーミングかわけられないこともあります。過度にこの分類にとらわれる必要はないでしょう。


◆状況リフレーミング
ほとんどの行動やできごとは状況が変わればその価値が変化します。制限速度が30km/hの住宅地を60km/hで走行すると制限速度違反になりますが、制限速度100km/hの高速道路を60km/hで走行しても速度違反になりません。

おなじ走行速度なのに、状況がかわれば、その意味が変化します。会議中に歌を唄うと注意される可能性が高いですが、カラオケで歌を唄うと注意される可能性はほとんどありません。このように、「60km/hで走行する」「唄う」など、行動・できごとはおなじなのに、状況が変わると意味づけが変わることを状況リフレーミングといいます。

◆状況リフレーミング役立つときとは
状況リフレーミングは、つぎのような考え方からぬけだせないときなどに、とくに効果的です。
「わたしは、あまりに___________だ。」
「わたしは、___________をとめられたらいいのに。」
「わたしは、___________をやめられない。」

◆状況リフレーミングには、つぎの質問が効果的
この行動は、ほかにどういうところで役立つか
この行動が、役立つ場面はどんなところか
この行動は、どこならリソースになるか

例)
(1)わたしは変化することができないんです→伝統をまもりぬくことができますね
(2)どうしたらいいか決められないんです→チームの意思を尊重して協力できるね
(3)ついウソをついてしまうんです→フィクション小説を書くときに役立ちますね

リフレーミングによってかならずしもプラスの変化を起こさなければいけないと考える必要はありません。ものごとの解釈をいろいろな側面からみて、あなたの今後の行動の選択肢を増やすことが重要です。

自分以外にリフレーミングをもちいるときは、とくにラポールがないと意味がないことを知っておきましょう。リフレーミングしても、ラポールが築けていないと、おおきなお世話に聞こえる場合もあります。

上記(1)の例のようなリフレーミングをしたとしても、「伝統なんてべつにまもりたくない・・・」となることがあります。役に立っても立たなくても「なるほど、そういう考え方もあるのね」と相手の選択肢を増やすには、充分なラポールが必要です。


◆内容リフレーミング
ある経験の意味は、あなたがどこに焦点を当てているかによります。ですから、あなたがその経験のどこに焦点を当てるかによって経験したことの内容が決まる、あるいは決めることができます。

「旅行の直前になると旅行に行きたくなくなる」といったとき、「高すぎないテンションで旅行を楽しむことができる」ととらえることもできます。状況リフレーミングとちがい、「旅行」という状況を変化させていないことがわかります。

◆内容リフレーミング役立つときとは
内容リフレーミングは、つぎのような考え方からぬけだせないときに、とくに効果的です。

「______のとき、_______となってしまう」
「______が起こると、______してしまう」

◆状況リフレーミングには、つぎの質問が効果的
この行動は、ほかにどういう意味になるだろう
この行動には、ほかにどんな価値があるだろう
この行動は、ほかにどのように描写できるだろう

練習)
(1)締め切りがせまると混乱します
   そんなに責任感がつよいんですね
(2)別れがつづいています
   出会いのチャンスですね
(3)アイデアが出なくなっているんです。
   これから出そうなんですね。

状況リフレーミングで説明しましたが、上記(2)の例のように、「出会いのチャンス」は、別れという状況から出会いという状況にリフレーミングしたのか、「別れ=出会い」という内容をリフレーミングしたかは、厳密にはわけられません。分類にこだわりすぎず、効果的な質問を活用することが重要といっていいでしょう。


2008年2月 8日 Kenji | | コメント(0) | トラックバック(0)

サークルオブエクセレンス

サークルオブエクセレンスとは、目のまえにサークルをイメージして、サブモダリティと空間をアンカーに用いて内的状態を変化させるスキルの1つです。あなたのすばらしいエクセレントな状態に、いつでも自由になることができます。

空間、場所をもちいたアンカーを「スペースアンカー」といいますが、そのスペースアンカーの1つの形態です。

(1)「きわめて優秀な状態」であったときのことを思い出す
    「とてもリラックスしていたとき」「成功したとき」・・・など
(2)目の前に最適と感じる大きさのサークルをイメージし、
  (1)の状態でそのサークルのサブモダリティを調整する
    ※色をつけたり、温度を感じたり、肌触りを変化させたりする
(3)「きわめて優秀な状態」であったときのことを再び思い出し、インステートする
(4)イメージしたサークルのなかに入り、あなたのなかで起こってくることを感じる
   サークルのサブモダリティに違和感、不一致感があれば調整する
(5)十分体験できたら、一歩後退してサークルから出る

(6)ブレイクステート

(7)(2)のサークルをもういちどイメージして、サークルのなかに入る
   このときにあなたが「きわめて優秀な状態」にアクセスできたかどうか観察する
(8)一歩後退してサークルから出る

(9)ブレイクステート

(10)将来このような状態になりたいと思える状況を想像する
(11)(10)の状態のまま、再び一歩踏み出してサークルのなかに入る
(12)その状況で、なにが起こっているか観察する。
まわりのようすはどうか?/そこでなにが起こっているか?......など
(13)一歩後退してサークルから外へ出る

サークルは、独自の方法でいつでもしまうことができ、そして引き出すことができる
特定の動作、あるいはイメージを使って、サークルを出し入れする動作を決めておく
 

2008年2月 8日 Kenji | | コメント(0) | トラックバック(0)

Page:
  • <<前の3件
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次の3件>>
  • NLPメインメニュー


    最近のコメント


    NLP無料ダウンロード


    更新のお知らせFeed
    • NLP関連の記事が更新されたとき、お使いのブログリーダーで最新の記事をチェックできます。
    • Atom
    • RSS 2.0


    NLPについて検索





    スピリチュアル沖縄