ホーム > 自分らしさ発見 > NLPと大好きなことをするということ

NLPと大好きなことをするということ

わたしにとってのゆたかさとは、

・わかちあうこと
・慈愛があること
・感謝があること

です。だから、つねに選択肢を3つ以上もっていることだったり、行動するたびに感謝したり、あたえたり、うけとったり、そんな一瞬一瞬が快楽とつながっています。

ブログに書いていることも、セミナーでやっていることもすべてこの3つが基本になっています。

あなたは、いまやっていることで「そんなことは他人にまかせてしまいまなさい」といわれて、「まぁまぁ、そんなこといわずに、やらせてくださいよ」という時間をどれだけすごしていますか。

「トイレ掃除なんて、業者にまかせてしまいなさい」といわれても「まぁまぁ、楽しみを奪わないでください」とか。「料理なんて全部外食でいいじゃない」といわれても、「まぁまぁ、たまには料理もさせてくださいよ」とか。「社長、ワークショップリーダーは他の人にまかせて、経営に専念してください」といわれても「まぁまぁ、ワークショップリーダーを取り上げないでくださいよ」とか。

「セックスなんて他人にまかせておきなさい」といわれても。。。「食事はロボットにまかせてください」とかいわれても。。。「夢の実現は他人にまかせてください」といわれても。

どれを体験したくて、どれをまかせたいかは、人それぞれです。そして、まかせろといわれてもまかせたくないことを体験しつづけられるかは、人生のゆたかさにおおきく影響すると思います。

ただし、恐怖からの選択ではなく、快からの選択であることがたいせつです。たとえば、がんこな料理人が人に包丁をとがれるのが不安だから、恐怖だからということで、自分で包丁をだるいと思いながら研いでいるのは、わたしはあまりゆたかだとは思えません。包丁を研いでいるとき、料理のことを考えたり、集中できたり、リラックスできたり、わくわくしたりするんだから、その楽しみを取り上げないでくれ、と思えるようなことがゆたかさだと思います。

ところで、問題になるのは、おおくのことを義務感からやらざるおえないと感じていることではないでしょうか。そうやって、やりたいことだけやりたいけど、そうもいかないでしょ、ということ。

それから、イヤなこともだれかがしなければいけないでしょ、ということもあるかもしれません。そういう信念があって、みずから率先してイヤなことをしている人もそれはそれでいいと思うのですが。検証する方法があります。

まず、あなたのイヤだと思っていることをリストにしてください。キーワードをどんどん書き出します。そして、氣もちをこめて、願ってください。「どうか、このわたしがイヤだと思っていることを大好きだという人が世界にいたら、会わせてください」と。もし、会うことがなければ、イヤなこともやる価値があると思います。もし1人でもいれば、世界にはそういう人がたくさんいるということかもしれません。あるいは、もしかしたら、あなたがイヤだと思っていることで、それを大好きでやりたいという人の機械を奪ってるかもしれませんよ。

そして、やりたいこと、大好きなことだけやりたいけど、無理でしょー、とあきらめている人。あきらめつづけるのも1つの方法ですが、べつの方法もあります。

いま、目の前のやらなければならないことを人にまかせたくないという【つもり】になって行動すること。そうすると、あら、ふしぎ。あなたのほんとうにやりたくてやりたくてどうしようもないことが引き寄せられてきます。

こう考えてみるのはどうでしょう。明日、法律が執行されます。どういうものかというと、大好きなしごとばかりやっている人は、べつのしごとをはじめなければいけない。いま現在、大好きなしごとをしていない人は、そのしごとにつく権利と義務があります。ということになったとしたら。しかも、前職の記録は抹消されます。

たとえば、あなたの前職が俳優だったことや、カウンセラーだったことや、教師だったことや、画家だったことなどは、だれも知りませんから、チャンスはあるていど閉ざされた状態で、ふたたび同じしごとをするチャンスは見込みうすです。

大好きなことを始めた人は、大好きなことをできているにもかかわらず、いつものようにグチがはじまります。実際には、それほどあまい世界ではなかったなどといいだしたとします。大好きでないしごとをさせられた人は、たとえば「まぁ、人生そういうこともあるか。」と思いつつ、それを楽しみ始めたとします。

結果、世界がどんなバランスになるかというと。わたしの想像では、結局のところ、好きでないことも、大好きなつもりでやった人が、ほんとに大好きなしごとにおさまり、ほんとは大好きなんだけど、ついついちょっとした不平に押し流されてしまう、ということになるではないかと思います。

ということは、いま、たとえば世界の10%の人が、目の前にあることを大好きな【つもり】で行動していけば、世界のようすはえらくちがってくるのではないかと思います。

2008年3月 4日 Kenji | | コメント(0) | トラックバック(0)






コメントする

(サインインせずコメントするときは、「匿名でコメントする」をクリックしてください。)







トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: NLPと大好きなことをするということ

このブログ記事に対するトラックバックURL:

NLPメインメニュー




NLP無料ダウンロード


更新のお知らせFeed
  • NLP関連の記事が更新されたとき、お使いのブログリーダーで最新の記事をチェックできます。
  • Atom
  • RSS 2.0


NLPについて検索





スピリチュアル沖縄