ホーム > NLP関連書籍 > ミルトン・エリクソンの催眠療法入門--解決志向アプローチ

ミルトン・エリクソンの催眠療法入門--解決志向アプローチ

W.H. オハンロン (著) 通読時間:45分

 いや〜。とにかく難解でした。とてもじゃないですが、おすすめできるものではないです。催眠誘導で有名なミルトン・エリクソンのお弟子さんが書いた本です。 とっても、正確にエリクソンの技法が描写・解説されてます。それだけに、意味不明な部分もたくさんあるかと。 目の前で観たらわかるかもしれないけど、読んでもな〜なこともたくさんあったり。

 

2008年2月 1日 Kenji | | コメント(0) | トラックバック(0)






コメントする

(サインインせずコメントするときは、「匿名でコメントする」をクリックしてください。)







トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ミルトン・エリクソンの催眠療法入門--解決志向アプローチ

このブログ記事に対するトラックバックURL:

NLPメインメニュー




NLP無料ダウンロード


更新のお知らせFeed
  • NLP関連の記事が更新されたとき、お使いのブログリーダーで最新の記事をチェックできます。
  • Atom
  • RSS 2.0


NLPについて検索





スピリチュアル沖縄