ホーム > NLP関連モデル > タイムライン

タイムライン

空間に時間の経過する線(ライン)をイメージして、過去の記憶や未来のイメージを鮮明に引き出すためのスキルです。視覚、体感覚をつかうので、記憶やイメージをただ思い出すよりも引き出しやすくなります。

時間は意識によって自在に変化させられることを覚えておくこともいいでしょう。アインシュタインの相対性理論もそのことを示しています。あなたの意識やすすむ速度によって時間はつねに変化します。

あるいは、「時間と位置は同時に確定できない」という不確定性理論というものもあります。タイムラインは、そのことを体感する方法の1つともいえます。たいくつな時間が長く感じられ、楽しい時間があっというまに過ぎるというのは、日常体験しているのではないでしょうか。

NLPでは、「わたしたちは、いま、現在にしか生きていない」ということが前提となっています。あるいは、過去も未来もいま現在に体験しているとも考えられます。そのため、タイムラインによって過去や未来が体験できると考えています。

過去の体験によっていまが形成されていますし、いまの考えやありかたが未来を形成しています。そう考えると、いま現在が過去を体験したり未来を体験したりすることが可能であることがわかるでしょう。また、タイムラインは、過去や未来のイメージを引き出すだけでなく、過去の体験を再解釈することに役立ちます。

あるいは、未来のイメージを再構築することが可能です。過去の体験を解釈しているのも、未来を構築しているのもいま現在のあなたであるということです。



◆タイムラインの誘導手順
相手の持つタイムラインの方向、場所を具体的に確立します。空間のどちらが相手にとって未来であるか、そしてどちらが過去だと感じるかを特定します。

過去と未来に引かれたラインを歩くことをしますので、過去と未来を結ぶラインは直線が便利ですが、かならずしも直線でなければいけないということはありません。

ただし、過去が上、未来が下というイメージをもっている場合は、その結ぶラインを歩くことが困難になりますので、歩けるように平面に調整します。最後に、過去と現在を結ぶラインのどこに現在が位置するかを特定します。

2008年2月 8日 Kenji | | コメント(0) | トラックバック(0)




■このNLP記事に関連する記事:1件



コメントする

(サインインせずコメントするときは、「匿名でコメントする」をクリックしてください。)







トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: タイムライン

このブログ記事に対するトラックバックURL:

NLPメインメニュー




NLP無料ダウンロード


更新のお知らせFeed
  • NLP関連の記事が更新されたとき、お使いのブログリーダーで最新の記事をチェックできます。
  • Atom
  • RSS 2.0


NLPについて検索





スピリチュアル沖縄