ホーム > NLP活用 , 寓話、メタファー > メタファー、たとえばなしの効果的なつくりかた

メタファー、たとえばなしの効果的なつくりかた

メタファー(比ゆ、隠ゆ)

ある状況や現象を、別のもの、別のストーリーとして表現し、理解する手法です。神話、伝説、むかし話、民話、比ゆ、寓話など。相手の潜在意識を活性化させるので、直接的な話し方より抵抗感がなく、自然な変化が望めます。

(1)Aさんは「やめたいけどやめられないこと」と「望む状態」をつたえる
(2)Bさんはメタファー(たとえばなし)をつくって話す

◆メタファーをつくるポイント
(1)「現状」と「望む状態」を明確にする
(2)現状の問題を解決し、望む状態へ移行するストーリーをつくる
(3)ゆったりとした氣ぶんで話す

◆メタファーをつくるときに役立つ質問
(1)問題はなにか?
(2)改善策はなにか?
(3)ほしい結果はなにか?
(4)それが得られるとどうなるか?

メタファーをつくって話すには、いろいろな方法があります。現状の問題を別の主人公によってかたられることで、相手は、客観的に自分の問題点を認識できるようになります。改善策が明確でない場合は、ストーリーのなかに含まれていなくてもかまいません。

問題の状態と望ましい状態をメタファーによって認識することで、自然に相手が改善策に氣づくことがあります。「現状で問題をかかえている主人公」と「解決した主人公の状態」をストーリーにするだけでも充分、メタファーとして役立ちます。

注意する点としては、「望む状態が得られたとき」にどのようなことが主人公に起こりそうかをストーリーにくみこむとよいでしょう。

「むか〜しむかし。あるところに、大人気の歌手がいました。彼女は、唄うことが得意でしたが、好きではありませんでした。とてもたくさんのお金をかせぐことで、なぜか彼女は孤独を感じていました。あるとき、彼女は決心し、歌手を辞めて、自然のなかで家族とゆったりとくらすことにしました。生まれた子どもに、毎晩、こころをこめて子守唄をうたいました。彼女は、それ以来、1人じゃないことをこころから感じ、楽しみ、しあわせにくらしました。」

2008年2月 8日 Kenji | | コメント(0) | トラックバック(0)






コメントする

(サインインせずコメントするときは、「匿名でコメントする」をクリックしてください。)







トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: メタファー、たとえばなしの効果的なつくりかた

このブログ記事に対するトラックバックURL:

NLPメインメニュー




NLP無料ダウンロード


更新のお知らせFeed
  • NLP関連の記事が更新されたとき、お使いのブログリーダーで最新の記事をチェックできます。
  • Atom
  • RSS 2.0


NLPについて検索





スピリチュアル沖縄