ホーム > NLP関連モデル > アンカーの中和ワーク

アンカーの中和ワーク

「望ましくないアンカー」と「望ましいアンカー」を同時に点火することでアンカーを中和(反応)させることを「アンカーの中和」あるいは、「アンカーをつぶす」といいます。この演習では、「望ましくないアンカー」と「望ましい(中和に最適と思われる)アンカー」をつくりだし、それを同時に点火することで中和をこころみます。

また、アンカーの中和は、すでに形成された望ましくないアンカーを別のアンカーによって中和することも可能です。たとえば、特定の動物を見ると望ましくない恐怖が引き出されるといった場合、実際にその動物を見て望ましくないアンカーを点火し、さらに別のプラスのアンカーを点火することで中和をこころみることなどが考えられます。

この演習では、問題だと感じる経験あるいは状況を特定して変化をおこします。すぐに口論になってしまう、あるいは初対面の人と話ができない・・・などの経験を特定してください。

(1)問題だと感じる経験あるいは、状況を特定する
(2)その問題を打開あるいは変化を起こすために最適だと感じるリソースを特定する
(3)打開に最適なリソースを感じた過去の体験を思い出し、
   その状態にインステートして、アンカーをつくる。
   ここではリードするペアが相手の左肩に触れて意図的に体感覚的アンカーをつくる
(4)おなじことを2~3回くりかえす

(5)ブレイクステート(氣分をかえる)

(6)問題だと感じる経験を思い出し、インステートしてアンカーをつくる
      ここではリードするペアが相手の右肩に触れて意図的に体感覚的アンカーをつくる

(7)ブレイクステート

(8)プラスのアンカーを十分に発火させる
(9)プラスのアンカーを発火させたまま、問題のアンカーを発火させる
(10)さきに問題のアンカーをはなし、そのあと、プラスのアンカーをはなす
(11)問題だと感じていた体験を思い出し、印象の変化を観察する
相手の呼吸などをよくキャリブレートし、アンカーを発火させ、はなすタイミングをはかることに注意する

※変化した印象がさらに望ましくない場合、再び別のアンカーで中和してもよい

2008年2月 8日 Kenji | | コメント(0) | トラックバック(0)






コメントする

(サインインせずコメントするときは、「匿名でコメントする」をクリックしてください。)







トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アンカーの中和ワーク

このブログ記事に対するトラックバックURL:

NLPメインメニュー




NLP無料ダウンロード


更新のお知らせFeed
  • NLP関連の記事が更新されたとき、お使いのブログリーダーで最新の記事をチェックできます。
  • Atom
  • RSS 2.0


NLPについて検索





スピリチュアル沖縄