ホーム > NLP関連モデル > 苦手なもののサブモダリティを変容するNLPワーク

苦手なもののサブモダリティを変容するNLPワーク

ある人(苦手だと感じる人)のサブモダリティを変更します。そのことで、自分のなかに起こる反応を望む方向にかえることができます。


(1)Aさんは、「好きな人のこと」を思い浮かべる
(2)Bさんは、その人のサブモダリティを引き出す
  その人のことを思い出すとき、「カラーか白黒か」「明るいか暗いか」・・・など

(3)ブレイクステート(氣分をかえる)

(4)Aさんは、「嫌いな(苦手な)人のこと」をイメージする
(5)その人のサブモダリティを引き出す
(6)「嫌いな(苦手な)人のサブモダリティ」を「好きな人のサブモダリティ」に置き換えるように、サブモダリティの要素を1つひとつ調整する
(7)「嫌いな(苦手な)人」の声をかえたり、おもしろい帽子をかぶらせたり、ダンスさせたりしてもよい

(8)ブレイクステート

(9)嫌いな(苦手な)人の印象が変化したか観察する(未来ペーシング)



※すべてのサブモダリティを好ましいサブモダリティに変更する必要はない

※(9)の印象が変化したかどうか、将来あり得そうな場面を想像し確認することをフューチャーペーシングあるいは未来ペーシングあるいは未来ペースという

※演習では、数分感苦手な人をイメージするので、思い出しているうちに氣ぶんがわるくなったりすることがあれば、いつでも演習を中断できることを覚えておく

2008年2月 8日 Kenji | | コメント(0) | トラックバック(0)




■このNLP記事に関連する記事:1件



コメントする

(サインインせずコメントするときは、「匿名でコメントする」をクリックしてください。)







トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 苦手なもののサブモダリティを変容するNLPワーク

このブログ記事に対するトラックバックURL:

NLPメインメニュー




NLP無料ダウンロード


更新のお知らせFeed
  • NLP関連の記事が更新されたとき、お使いのブログリーダーで最新の記事をチェックできます。
  • Atom
  • RSS 2.0


NLPについて検索





スピリチュアル沖縄